排水管で起きる水漏れの工事を成功させるコツ

■排水管の水漏れ工事になる前にすべき排水管掃除

排水管は10年以上使用すると、経年劣化を起こし水漏れしやすくなります。排水管で水漏れした時は、接合部分のゆるみやつまりが考えられます。水漏れを放置するとシンクの下に水が溜まり、カビが生え被害が拡大します。また、工事になると費用がかかり、生活にも支障をきたします。
大きなトラブルを防ぐためには、日ごろからこまめに排水管を洗浄すると良いでしょう。排水管の洗浄はつまりを起こした時に行います。水が流れにくいと感じたら、髪の毛や油がつまっている可能性が高いです。つまりを放置していると逆流や水漏れを起こす恐れもあります。
排水管のつまりは重曹とお酢で掃除することが可能です。重曹とお酢、45度前後のお湯をかけ、1時間弱放置するとこびりついた汚れが溶けます。最後にお湯で流し込むと排水管内のヌメリやニオイも洗浄されます。

■水漏れ工事に失敗しないためのコツとは?

トイレや台所などの水周りにある排水管は、水漏れが起こり、工事をしなければ直らないこともあります。しかし、初めて水道工事をする場合、悪い業者を選んでしまって失敗するケースも考えられます。
特に排水管の水漏れはマンションのような集合住宅だと、周りへの迷惑を鑑みて、すぐに来てくれる近くの業者や目立つ業者を選ぶ確率が高くなりがちです。排水管の工事に失敗しないためには、前もって業者について調べておくことが不可欠です。いきなり水のトラブルが起きても、焦らず業者を選ぶようにしましょう。
業者選びの際は料金価格の適正さや資格の有無をチェックしておきます。また、口コミや評判はもちろんですが、きちんとした業者なのか、料金がいくらなのかも調べておくと安心です。

■有能な業者に最初から依頼する方法
排水管の水漏れをスムーズに直すには、まず、業者が水道局指定工事業者かどうか確認してください。インターネットなどで水道工事を行う業者と表記してあっても、水道局指定の業者でない場合もあるため注意が必要です。
他にも、工事で失敗するケースの中には、無資格で行われていたという事例もあります。資格のない素人が行うと水漏れが悪化したり、下水が上水に流れる危険を伴います。担当者が、水道技術管理者や給水装置工事主任技術者の資格を持っているかどうか確かめておいた方が良いでしょう。
水道技術管理者は試験で取得できるわけではなく、10年以上水道事業を行った人が任命されます。他にも管工事施工管理技士や下水道排水設備工事責任技術者も水道事業をする上で必要な資格です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ