排水管で起きる水漏れと雨漏りの違い

水漏れは生活に大きな影響を与えるトラブルです。特に天井から水漏れが確認できた時には放置することができないため、原因の追究を考える必要があります。その時に雨漏りとの区別が付かないことも考えられるため、しっかりと違いを知ることが大切です。

■雨漏りと水漏れ

雨漏りは屋根に問題がある時だけでなく、壁から雨が侵入してきて伝わってくることもあります。経年劣化もありますし、外壁に使われている部材などの劣化によって引き起こされるケースまでさまざまです。欠陥工事といったケースもあるため、簡単に判断できません。
水漏れの場合には、排水管も含めて見えないように配置されたことで漏れだしたことに気が付かず、損害が大きくなって天井から漏れてくることがあります。マンションなどでは、床下に配管することもあり、これが下の階にとっては天井からの漏水になってしまうところが問題点です。


■見分け方は難しくない

水が漏れてくるということでは、どちらも変わりません。単純な見分け方としては、雨が降っていれば雨漏りと考えることができるでしょう。ただし、直前に降っていて、現在降っていない状況でも雨が伝わってきて漏れることがあります。排水の水漏れの場合には、確実に異臭を放ってくるため、これも見分けるポイントになります。
戸建ての場合でも、現在は二階に水回りをつけることが増えました。お風呂場やトイレなどの排水管が通っていることもあるため、水漏れして天井から落ちてくる可能性があります。集合住宅ではより可能性が高くなりますが、配管の劣化だけではなく、接合部分が劣化しても水漏れを起こしてしまうことには注意が必要です。

■まとめ
水が漏れるということでは同じことではありますが、性質にも原因にも大きな違いがあります。対策も異なってくるため、ある程度の予測をつけて修理を考える必要があります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ