排水管が水漏れを起こす場所や原因

■排水管の水漏れが起こる場所

水漏れの原因には様々なものがあり、そのひとつに排水管があげられます。家のいろいろな場所に設置されていますので、日頃からしっかり確認しておくことが大切です。そうすれば、いざ水が漏れたとしても対処しやすくなります。
排水管がある位置はそれぞれの家庭によって異なりますが、大まかには、風呂場やキッチン、シンクなどがあります。また、洗濯機や洗面台、トイレなども排水管があるため水漏れが起こる可能性があります。その他、商業ビルは給湯室に、学校などの施設には排水設備が共有スペースに設置されていることがあります。それら排水設備の他に、水を流したり使ったりする場所には排水口もあります。
また、最近では核家族化や一人暮らし向き向けのマンションなどが増えており、ユニットバスが増えています。浴槽やトイレ、洗面台などの周りに複数の水回りが集積しているため、多くの排水管が密集しています。このように様々な場所に排水管が通っていますので、水が漏れている時はそれぞれを確認してみることも大切です。

■詰まりが原因で起こる排水管の水漏れ

水漏れしている場合、原因として排水管の詰まりもあげられます。詰まりを生じてしまうと水の流れが悪くなり、その状態が度重なるにつれて流れがさらに悪くなくなってきます。流れる水量が許容量を超えてしまうのが原因となり、それによって水漏れを起こしてしまいます。
毎日のように使用されている箇所が多く、使用頻度によっては次のものが詰まりやすくなります。例えば、風呂場や洗面所での髪の毛などの異物や、キッチンでの油などがあげられます。また、洗濯機の排水ホースの糸くずなどが原因で詰まってしまう可能性もあります。

■経年劣化によるもの
排水管から水が漏れる原因として、経年劣化も考えておく必要があります。水回りは使用する頻度が多いので、使えば使うほど劣化が進んでしまいます。排水管自体の劣化はもちろん、つなぎ目の緩みや破損も考えられます。
毎日使い続けているとどうしても劣化が進みやすくなり、それが原因で水漏れを起こしてしまうのです。長く使い続けるためには日頃からのケアも大切です。ごみの詰まりなどが原因で劣化の進行を早めてしまう場合もあります。日常的に詰まりが起こらないように注意し、専用の洗剤などを使用して汚れを取り除く工夫をしておくことも大切です。10年以上使用している場合は、早めに修理業者に見てもらい必要であれば修理や交換をしてもらうことがおすすめです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ