排水管から水漏れをしているときの応急処置の方法

■慌てずに水が漏れている箇所を特定する

いつ発生するかわからない水漏れですが、発見したらどこから漏れているのかを落ちついて特定しましょう。自分で修繕できるか判断する必要もありますし、業者に頼む場合でもすぐに来てくれるわけではないので、落ち着いて応急処置をしなければいけません。
修理をするには元栓を閉めて水の流れを止めるケースもあるので、どこから水漏れが起こっているのか場所の特定をしなければいけません。元栓自体を止めてしまうと、他の水も使えなくなってしまうので、その辺も考えておく必要があるでしょう。
おすすめの方法は、水を止めるテープを使うことです。排水管や給水管をよく確認し、漏れ出しているところに直接貼り付けるだけなので、誰でも比較的簡単に行うことができるでしょう。重要なのは修理をするための方法を理解しておき、事前に道具などを揃えておくことです。

■水漏れに効果的な補修テープには種類がある

いざというときに役立つ補修テープには、いくつか種類が存在しています。どこから水漏れが発生しているのかで使用する補修テープの種類が異なります。
使用用途が広いものは、自己融着テープでしょう。絶縁性と防水性に優れており、接着剤などを一切使用していないので、排水管がべたついてしまうこともありません。その反面、強い水の流れを止めるのには向いていないでしょう。多少水の流れが強い場合には、接着剤が用いられている防水補修テープを使います。剥離紙が貼り付けられているので、使用するときには剥がして使いましょう。
ナットなどで接続されている排水管の繋ぎ目から水漏れを起こしている場合には、水道用ラップテープを使用するのがおすすめです。テープ同士を互いにくっつけて繋ぎ目を塞ぐ方法であれば、排水管が接着剤で汚くなってしまうこともありません。

■補修テープはあくまで応急処置として使う
補修テープは急に発生した水漏れに役立つアイテムですが、あくまで応急処置に使用する物であって、排水管の水漏れなど根本的な修理をするために使用することはありません。時間が経てばまた水が漏れてくる可能性が高いので、できる限り早い段階で修理を行うか、部品自体を交換しましょう。
どれぐらいの時間持ちこたえられるのかは、水漏れの状況によって異なります。できるだけ早く業者に頼んで対応をしてもらうか、自分で必要な物を購入して修理を行うことが求められます。場合によっては補修テープでも持ちこたえることができない場合もあります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ