排水管の水漏れ防止に役立つコーキング

■コーキングは劣化する

自宅の水回りでは排水管や蛇口などで、水の浸入を防ぐためにコーキングが施されていることがあります。ただし、一度施工をしても長く効果が持続することはなく、いずれ寿命が来て亀裂が生じることがあります。また痩せていって隙間ができてしまう場合もあります。
コーキングの寿命は一般的に、水回りでは20年程度といわれています。ただ環境によってはもっと短くなる場合もあります。いずれにしても劣化が起こることで水漏れが起こる可能性もあるため、不具合を起こす前に補修が必要になります。
補修についてはホームセンターで必要な材料を購入して自分で作業をすることもできます。ただ仕上がりがきれいにならず、水回りのデザイン性を損ねてしまうことがあります。またうまく仕上げられないこともあります。自分で作業をすることができない場合、専門の業者に依頼をしましょう。

■自分でできるコーキングの補修

自分で補修をしようと思った場合、必要なアイテムを購入することで気軽に作業ができます。作業ではマスキングテープやコーキング材、ヘラを購入すればいいだけなので、費用も多くかかりません。
作業は数時間で終了するほどですが、しっかりとコーキング材が固まるまでに24時間程度要します。そのため、作業をする場合にはある程度の時間を作っておくことが必要になります。作業を丁寧に行わないと、仕上がりが悪くなってしまうため注意が必要です。
補修は軽度の排水管の水漏れ程度であれば自分で作業もできますが、症状が悪化した場合にはキッチンの交換といったことも必要になってきます。そのため、あくまでも補修は軽度の症状程度の時のみ行うようにしてください。それ以上の症状の場合には、できるだけ早く水道修理の業者に連絡をすることが大切です。

■自分で補修できない時には
排水管や蛇口の水漏れ防止のために必要なコーキングですが、水漏れなどのトラブルが大きく起こってしまっている場合には、水道修理の専門業者に依頼をする必要があります。トラブルが悪化しないために、早めに連絡をしなければなりません。
業者については作業が丁寧で仕上がりに満足できる、技術力の高いところに依頼をすることが必要です。料金の安さは重視したいところですが、コーキングの仕上がり次第で見た目に影響を与えますし、またトラブルの再発といった問題も生じてきます。
長く水道修理を行っている、年間の対応件数が多い業者であれば経験が豊富ですし、ノウハウもしっかり持っています。施工もスムーズに行われますし、安心して水回りを使用することができます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ