排水管の水漏れ原因や工事の流れを紹介

■どんなところで排水管の水漏れが起こる?

排水管とは家庭で使用した水を屋外に排出するためのもので、パイプで屋内と屋外をつないでいます。家庭内の水を使う場所なら、どの場所にも排水管は通っているのが普通です。給水管のようにパイプが爆発するようなことは少ないものの、トラブルが起こりやすい場所の一つになります。
水が漏れる原因として多いのは、パイプを接続している部分のパーツ劣化です。パーツにはパッキンやナットが使用されていますが、これらの部品は10年程度が寿命の目安となります。
長い間使用してないと乾燥してしまうことや、ゴムの伸縮性が落ちてしまいます。排水トラップあたりで水漏れが起こりやすくなっており、部品の修理や交換などをしないと水の漏れを改善できないてめ早急の対策が必要です。

■専門業者に工事してもらう流れ

排水管の水漏れで、原因が分からない場合や直す部分が多い場合は、専門業者に工事を依頼しましょう。工事の流れとしては、点検をして原因を突き止めて、修理や交換にかかる費用を見積もりしてもらいます。
相談や点検にかかる費用は0円のところもあります。点検してもらって提示される見積もりが高かった場合、改めて他の業者をあたって見積もりしてもらうのは手間がかかるため、点検の依頼をする時点で業者を絞っておくこともひとつの方法です。
一括見積もりサイトで複数の業者に金額を提示してもらう方法や、口コミサイトで業者の評判を調べておくのもおすすめです。公式サイトには過去の施工実績が掲載されている業者もあるので、工事の実績が多くある業者を選ぶのも良いでしょう。また、相談したときの受け答えの丁寧さも重要なポイントになります。

■業者選びは工事の後のケアも大切
排水管の水漏れ工事を依頼するなら、アフターサービスがある業者を選ぶのもポイントになります。水のトラブルでは難しい問題を抱えている場合も多く、1か所だけの問題ではない場合もあります。修理や工事の際にしっかりと点検してもらうことが大切ですが、工事後に同じような水漏れが発生する場合もあります。アフターサービスを前提としてサービスを提供している業者を選ぶことが大事です。
アフターサービスの有無だけでなく、どれくらいまでの期間保証してくれるかも大切な部分のため確認しておきましょう。工事は立ち合いで行われることも多いので、施工中に分からないことがある場合は、直接聞いておくと安心です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ