排水管の水漏れはテープ修理だけで済ませて本当に良いのか

■排水管の水漏れはなぜ起きるのか

日常生活での水漏れはやっかいな問題です。キッチン周りであれば悪臭がしたりカビが発生したりします。バスルームで起きる事もあればトイレ部分のトラブルもあります。大量に水漏れした場合、修理箇所ば壁や床等広範囲に及ぶことがあります。いったん水漏れが発生すると自然に直ることはないので、テープで止水する等、早期に対処しなければなりません。
原因は排水管のつなぎめからの漏水や排水管の破損です。原因としては、10年、20年と排水設備を使い続けていると設備が老朽化したり、地震等で振動してつなぎめが外れたり、配水管が異物で詰まって破損する事が考えられます。また以前修理したテープが剥がれてきている場合もあります。
排水管の内部に異物がこびりついて水の流れが悪くなりそれが原因で水漏れしている場合もありますが、この場合は重曹とお酢を排水管にお湯で流し込むと改善することもあります。

■水漏れの応急処置

水漏れが起こった場合当然のことですが、水漏れ箇所を特定しなければなりません。目視出来る部分であれば簡単ですが、壁の内側や床の下になると工事業者に依頼しなければならない事もあります。
台所のシンク周りで目で見えているケースでは、自分で対処できる事があります。排水管が老朽化してつなぎめに隙間ができたため水漏れしている場合、市販の修理用テープで止水する事が可能です。テープの種類により水に反応して硬化するなど、さまざまなものがありますが、一般的には水気を拭き取ってテープを巻き付けます。テープを使って水漏れを止める方法は応急処置ではありますが、簡単で効果的な方法です。

■失敗しない水漏れ工事のために
止水テープなどで応急処置ができたとしても、排水管自体が老朽化していると、近い将来、老朽化した排水管を取り替えなければなりません。水漏れ箇所が壁内部や床下である場合が多く、結局業者に依頼することになります。
ここで大切なことは排水管工事業者は何処でも良いというわけではないということです。水漏れ工事の仕上がり具合は素人には分かりづらい部分もあるので、信頼できる業者に工事を依頼したいものです。業者を選ぶ基準としては、長期間の安定した実績があるかどうかが大切です。管工事施工管理技術士や排水設備工事責任技術者等の工事の資格を有していることも大切です。出張費用等の追加料金の有無や見積書の内容などを細かくチェックして、最終の工事費用について確認することも必要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ