排水管の水漏れの補修方法とメンテナンス

■排水管の水漏れ

排水管の水漏れは、非常に大きな問題を生み出します。使った排水が流れ出すことになり、周りが水浸しになっていくだけではなく、衛生的な環境にも良いとは言えない影響を及ぼします。排水管の修理の種類にはいろいろとあります。問題はその場所にあった方法を選ばなければいけない点です。
排水管の問題点として、見える場所に配管があることが少ないことがあげられます。見えない場所にあると、水漏れ自体の発見も難しく、見付けたとしても修理ができない場合もあります。壁の中や床下になると、壁や床といった家の中の大事な部材を壊さなければいけません。復旧も考えて施工しなければならず、水漏れしてダメージを受けた部分も回復させる状況を考えれば、専門業者に依頼して修理してもらう方法が確実です。

■補修テープで一時的なカバー

排水管の水漏れの修理方法として、専用の補修テープを巻く方法があります。施工できるようなスペースがある場所なのが前提ですが、漏れてきているのがわかっていれば、手軽にできる方法です。多くの商品が販売されており、それぞれで使い方も違いますが、問題のある個所に巻き付けるだけで水漏れを止められます。水に反応して強度が増すものもあるため、使い方次第で高強度を得られる方法です。逆に水があると硬化しないものもあります。
ビニールテープを巻く方法などは、水をしっかりとふき取り、使用もやめてしっかり巻き付けなければいけません。しかしこの方法は、根本的な解決が見られるわけではありません。配管自体が劣化しており、全体に進むような状況となれば、交換しなければならないからです。あくまでも一時的な補修作業として捉えておくといいでしょう。

■排水管のことを考えて使う
水漏れする可能性がある場所として、排水管にもパッキンが使われているため、劣化によって発生します。素材そのものが劣化してしまえば、失われていった弾力性は元に戻ることはありません。取り外して交換するのが一番の解決方法です。接続部品を考えても、隙間が生まれる状況は、そもそも部材が劣化し取り付けたときに比べ何らかの変化が生じているためです。
問題が大きくなる前に、メンテナンスをするのも必要です。日頃の使用でも排水管の状態を考え、劣化しない方法も考えながらお手入れもしておきましょう。異物を流さないことや、熱湯を流さないようにするなど、日々の生活で気をつけていくべきでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ