排水管の水漏れトラブルはテープで応急処置はできない

■排水管の水のトラブル

水回りでも目に見える箇所であれば、もしも水漏れトラブルが起きてもすぐに気づくことができます。ところが、排水管のように床の中や土の中に埋まっているところで水のトラブルが起こると一目でわかりにくいので、トラブルに気づくのが遅れてしまいます。
排水管の中は専門業者によって専門的な機器を使わなければ確認することは不可能です。分かりやすく説明すると、排水管の中にゴミが溜まるのは、血管の中にコレステロールが溜まるようなイメージです。どんどん溜まると流れが悪くなって、中で詰まってしまいます。特に排水管は汚れた水が次々に流れていくところですから、ゴミや汚れによるニオイのトラブルも起こりやすいのが特徴的です。水が漏れたからといってテープで応急処置ができないため、できるだけ早めに専門家に状況をチェックしてもらうようにしてください。

■トラブルにもいろんなタイプが存在する

排水管で水のトラブルが起こるとき、いろんなことが考えられます。例えば、先ほど紹介したようにゴミや油が中で詰まるのは、長い月日をかけて管の中に蓄積された結果です。もうひとつは、排水管が設置してある場所に原因があるケースも考えられるのです。
水は高いところから低いところへ流れるものですから、こう配が悪いところに排水管が設置されていると水の流れが悪くなります。状況によって汚水が逆流して水漏れが発生することもありますから、二次被害が起きてしまう可能性も捨てきれません。専門業者なら特殊な専門機器を使って迅速に状況を改善してくれるでしょう。

■排水管の水漏れトラブルの原因を突き止めよう
目に見える箇所とは違うのでテープで応急処置をすることはできませんが、あらかじめ原因を知っておくことはできます。水が漏れてしまう原因として、ひとつは地震のような外からの衝撃によって管の接続部分がゆるくなったり、管そのものが壊れてしまったことで水が漏れてしまいます。
また、配管には寿命があるので、寿命を超えると老朽化が原因で水漏れトラブルが発生しやすくなります。老朽化が進んだ管は中でサビが出来やすい状態になっていて、一度錆びてしまうとそこからさらに劣化が進んで亀裂などのトラブルが生じます。
専門家に修理を依頼すると、状況を確認してから必要になる修理内容を決めて、必要になる部品なども判明します。修理内容はもちろんのこと、それらにかかる費用が分かる見積書も出してもらえるので、その内容に納得ができたら修理を依頼しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ