排水管の水漏れを改善できる方法はある?

■排水管でなぜ水漏れが起こるのか

排水管で水漏れが起こる原因はさまざまで、ひとつは排水管の中で何かが詰まっていることによって起こります。洗面台で髪留めを落としてしまったり、キッチンで生ごみを流してしまうことも原因を生み出してしまいます。洗濯の排水で糸くずなどが溜ることも要因のひとつです。
そのほか、接続部分の締め付けが弱くなっていることもあります。その場合は適度な強さで締め直すだけで改善します。緩んだまま放置すると壊れてしまったり、排水管が外れてしまい床が広い範囲で濡れるなど大きな水漏れを招く恐れもあります。
また、排水管そのものに老朽化による破損がみられることも考えられます。一般的に耐久年数が10年から15年と言われているので、長い月日が経ったころに水漏れが起こる可能性が高くなることを覚えておきましょう。

■排水トラップに原因がある場合の修理法

排水管の水漏れを直す方法として、水漏れの原因が排水トラップにあった場合、まずは排水トラップのナットを締め直してみてください。手で締め直すことも可能ですが、工具を使うことでさらにしっかり締め直すことができます。
締め直しても水漏れが解消されない場合は、一度ナットを取り外してみましょう。内部のパッキンが固くなっていたりひび割れているかもしれません。ナットを取り外したら排水トラップを外します。排水トラップと排水口を繋いでいた部分にゴム製のパッキンがありますので確認してください。同じサイズのものを用意して新しいものと交換したあとは、排水トラップを分解したときと逆の方法で取り付けていきます。
作業が完了したらシンクなどに水を流して水が漏れないかどうか確認しましょう。

■排水管の水漏れの応急処置法
水が漏れてしまったときは、被害が広がらないように早急に応急処置を施す意識を持つことが大事です。排水管で水漏れが起きたときのために、簡単な応急処置方法を知っておきましょう。
常に水が満たされている給水管とは異なり、排水管は使用時以外は中に水が溜まっていることはありません。そのため、蛇口を締めたあとに水漏れが収まるのを待ちましょう。次に要らないタオルなどを使って濡れた箇所をしっかり拭きます。あとは水漏れが起きた箇所に補修用のテープを巻き付ければ応急処置は完了です。
もしも壁や天井など目視で確認できないところで水が漏れている場合は自力の応急処置が難しいため、早めに専門業者へ点検を依頼してください。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ