カビが発生する排水管の水漏れ

湿度が高くなると、当然カビも生えやすくなります。特に排水管の場合には、使用した水を流すため、カビが発生する可能性は高くなります。このようなトラブルは水漏れによる二次被害ともいえるため、水漏れは早期に解決しなければいけません。

■カビと湿度の問題

カビが生えやすくなる要因としては、湿度の高さが挙げられます。知らず知らずのうちに漏れてしまうこともある排水管の場合、いつのまにか高い湿度になってしまう可能性もあります。床下で漏れてしまっているような場合には、かなりのリスクを抱えることになります。床下は気が付かないことも多い場所ですが、床や柱にも影響を与えることになります。建物の構造にも影響を与え、カビだらけで不衛生な環境になってきてしまいます。カビだけではなく、大規模な修繕工事も必要になることもあり、リスクを抱えるトラブルです。


■カビがあるから水漏れしている可能性

排水管のカビを予防するためには水漏れの発生をさせないということが重要で、水漏れがなければカビが発生する可能性は下がるということです。逆にカビが大量に発生している場所では、水漏れの可能性を疑った方が良いでしょう。
排水管を調べる必要がありますが、自分では対処できないこともあります。その場合は専門業者に依頼して、早急に対処する必要があるのは間違いありません。カビによって健康被害が出てからでは遅いため、調査を依頼する方が得策です。



■まとめ
水漏れとカビが直接的な原因になるとは限りませんが、関連性を疑うことはできます。これも水漏れに関する被害のひとつでしかありません。さまざまな問題を引き起こしてしまうからこそ、排水管の水漏れは早期に対応していかなければいけない問題です。音がしていることでうまく寝れないといったことまであるため、原因は早めに追求する必要があります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ