キッチンに繋がっている排水管から水漏れ

■原因の究明を行う

水漏れが起こったら、まず止水栓を閉めて水を止めましょう。次に行うのが原因の究明です。キッチンには給水管や蛇口、シンクや排水管など、たくさん水漏れが発生する可能性がある箇所が存在しています。
濡れているところが見つかったら、周辺を懐中電灯などで照らして確認しましょう。1ヵ所から漏れている可能性もありますが、複数の場所から漏れている可能性もあるので、一応全体をチェックしておくべきです。
他の管と同じように、排水管もナットを使って水漏れを防いでいるので、隙間にパッキンを使用しています。パッキンは本来交換して使う部品なので、長年そのままになっているなら劣化している場合が多いでしょう。地震などでナットが緩んでいることもあるので、確認を怠ってはいけません。

■水が漏れていたらどう対処するのか

キッチンから水漏れしていることを確認したら、すぐに対処しなければいけません。最初に水の流れを止めたら、自分で修理が可能なのか、それとも専門家に依頼をしないと対処できないかを判断しましょう。
パッキンの交換やナットの締め付けなどは比較的簡単なので、自分で直すこともできます。しかし、蛇口などの本体を交換しなければいけない場合や、排水管そのものを取り換える必要があるときは、業者に頼んだ方が安全です。
もちろん部品や工具が用意されており、自分でもできると判断すれば、自分で修理をしても問題はありません。部品を交換する場合には、サイズに注意する必要もありますが、メーカーや形状も同じ物を選びましょう。異なっていると接続できない場合もあるからです。

■二次災害を防ぐ対策
水漏れで最も注意しなければいけないのは、二次災害です。水が漏れてそのまま放置していると、濡れた部分からカビが生えることもありますし、素材が劣化しやすくなります。
排水管が劣化すれば、穴が開いて大量の水が流れ出てしまいますし、状態がよくても食品のカスや汚れなどが流れて、排水管が詰まる危険性もあります。そうなると異臭を放つので、普段から定期的に清掃をしておきましょう。
最近は集合住宅が増えているので、下の階に水が落ちる可能性も否定はできません。もし下の階に水漏れの被害を出してしまった場合には、上階の人が賠償しなければいけなくなります。キッチンは毎日水を使用するので、トラブルが発生しても気が付かない人もいます。そのため、定期的にチェックしておくことで二次災害を防ぐことに?がります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ