キッチンの排水管で起こる水漏れについて

■部品の劣化や緩みによる水漏れ

キッチンのシンク下を開けると水漏れしていたり、床が濡れている場合があります。この原因としては、部品の劣化と緩みが挙げられます。
まず排水管の接続部分には部品が使用されています。パッキンは取り付けて年月が経過すると、徐々に劣化していきます。それによって接続部分から水が漏れるようになります。こうなってしまったら、新しい部品と交換しなければなりません。放置していると症状がより悪化してしまい、シンク下が不衛生になってしまいます。
ホームセンターで部品であるパッキンを購入して自分で交換もできますが、部品が見つからなかったり自分で修理できない場合には、水道修理の業者に連絡をして依頼します。また接続部分のナットやボルトが緩んでいることがあります。使用していると徐々にゆるみが起こりますが、この状態を放置しているとより症状が悪化します。そのため早めに工具を使用してナットやボルトを閉め直します。

■亀裂やヒビによる水漏れ

シンク下には排水管と排水ホースがあります。これらに亀裂やヒビが生じる場合があります。亀裂やヒビが生じている箇所から水が漏れてしまいますが、この症状は放置しているとより水が多く漏れるようになってしまいます。また悪臭が発生することもあるため、早めに対処しなければなりません。
亀裂やヒビに対しては、自分で対処できる場合もあります。ホームセンターなどで補修用のテープやパテが販売されています。テープは貼り付けるだけで簡単ですし、パテは強度があります。これらを使用して水漏れを一時的に改善できます。ただ自分で対処できない場合には、すぐに水道修理の業者に連絡する必要があります。また、自分で改善できたとしても、あくまで応急処置としてとらえ、きちんと業者に修理してもらわなくてはいけません。

■つまりが原因で起こる水漏れ
キッチンのシンク下での水漏れの原因として、排水管がつまっていることが挙げられます。食べ物のカスなどが配管を通っていきますが、徐々に表面に付着してしまいます。年月の経過とともに配管がつまり出し、水漏れするようになります。
自分で対処するのであれば、簡単な方法として重曹とお酢を排水口に振りかけ、その後にお湯を流してつまりを改善します。またなかなか改善されない場合には、パイプクリーナーを使用して掃除を行います。ただこれらの作業を行っても改善されない場合には、水道修理の業者に連絡しなければなりません。何度も掃除をしすぎると配管に負担をかけてしまいますし、症状が悪化する恐れがあるので注意が必要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ