見えない位置で起こる排水管の水漏れ

分かりやすい位置にあれば、排水管の水漏れもすぐに発見して修理することができます。しかし、排水管の全てが見える位置にあるとは限りません。床下に埋まっていることもあるため、異変に気が付かずに進行してしまう可能性もあります。

■気が付きにくい排水管

排水管は、どうしてもトラブルに気が付きにくい設備です。なぜかといえば、生活空間の中に排水管が見えている場所はほとんどありません。洗面所などで洗い台が独立しているものを除けば、ほとんど目で見ることはできません。排水管が出ていれば違和感を覚えてしまうため、できるだけ見えないようにすることですっきりした空間をつくっています。これがトラブルに気が付けない大きな原因です。



■見えなくても被害は出る

見えないところで水漏れが起きていても少量であれば気が付きません。例えば、マンションで床下や壁内に配管することはよくあります。どこにあるのかも分からない方もいるかもしれませんが、水が漏れ出てきて初めて判別がつくケースも少なくありません。壁の内部で水漏れが起きてもなかなか気が付くことがなく、染み出てきてからはっきりとすることもあるでしょう。大きな被害になってから判明することも出てくるのも、配管の存在を知らなかったりするからです。実際に見えない配管では、何が起きているのかも分かりません。中に水が溜まってしまい、凍結して膨張したことで、配管にダメージを与えてしまうことも起きます。もちろん、対策もされていますが、それ以上の状況にならないとは言えません。

■まとめ
見えない排水管はいくらでも設置されています。簡単に破損したりしないように作られていますが、想定よりも大きな力がかかることはあります。これが破損にもつながりますし、水漏れを起こす原因にもなります。異臭だけではなく、水が流れる異音が聞こえるようになった時には、点検調査を考えた方が良いです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ