洗面所の排水管の水漏れにつながる汚れ防止に

■高機能化していく洗面所

設備は要求に合わせて年々進化していきますが、洗面所もただ手を洗ったりする場所だけではなく、高機能なものが使われています。その分だけ複雑な構造になり、水漏れといったトラブルも起こしやすくなってきました。構造は単純なほうが、水のトラブルにつながる接続部分が少ないためです。いろいろな部品が取り付けられると、その分接続部分も増えますし、利用の目的も増えてくるため、排水管にも負担がかかります。排水管内部にさまざまな異物も流れやすくなるため、水漏れをはじめとするトラブルのもとになるでしょう。

■髪の毛のほかに石鹸カスもつまりやすい

洗面所の排水管の水漏れが起きる原因は、髪の毛などがつまってしまい逆流するパターンです。こうした異物が流れないのが、大事なポイントです。ヘアキャッチャーにひっかったものなどは、こまめに取り除くだけでも、かなり違いが出てきます。
それでも、一部は配管の中に流れていってしまいます。この流れていくものが、ほかのものと絡み合ってトラブルを起こしやすいためです。高機能化していく洗面所では、シャンプーができたりもするようになりました。洗剤も各種使うようになり、残りかすも流れ込んでしまいます。皮脂汚れも混ざり合う中で髪の毛なども絡み合えば、配管で固まり、大きな障害になるのも難しい判断ではないでしょう。甘く見ていると、突然水があふれだしてくるかもしれません。もともと太い排水管が使われているわけではないため、バスルームなどよりも気にしておく必要があるでしょう。

■汚れを落としてトラブル防止
排水管の水漏れ防止としての掃除方法は、洗浄剤を使う方法があります。この方法は内部の汚れを溶かしながら付着を防ぐため、径の細い排水管を使う洗面所でもぴったりの対処方法です。注意しなければいけないのは、薬剤を使い化学反応で除去している点にあります。髪の毛や石鹸カスなどの汚れを溶かすために使うのであれば、バスルーム用のものを選ぶのがポイントです。台所用のものを使っても、汚れの種類が違うため、うまく反応しない可能性が出てきます。
薬品を使わない方法であれば、重曹とクエン酸を使うことも有効です。汚れを溶かすのではなく浮き上がらせていく方法となるため、あまり酷い場合は効果がありません。普段からこまめに掃除に使うのが大切です。スーパーをはじめ100円均一などでも手に入ります。手軽にできる方法なので、普段から掃除に使うといいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ