洗面所の排水管の水漏れ対処法

■排水管の繋ぎ目や接合部分のチェック

水漏れとしてよくあるのが洗面所であり、洗面所は毎日使用する大切な場所でもありますので、日頃からしっかりチェックすることが大切です。それでも排水管パイプやナットなどは消耗品でもあり、経年劣化によって水が漏れてくることもありますので注意が必要です。
洗面所が水漏れする場合、気をつけてもらいたいのが排水管の繋ぎ目や接合部分です。洗面台と排水管の繋ぎ目部分から水が漏れることも少なくなく、その場合、まずはナットが緩んでいないかをチェックをしてください。ナットが緩んだままの状態で使用すると、漏れの症状がさらに悪化することがあります。
もしナットが緩んでいない時は、次は内部に設置されているゴムパッキンを見ておきましょう。ゴムパッキンが劣化していることがあるからです。パッキンのチェック方法ですが、排水管が出ているタイプであればそのまま直接に、それ以外のタイプは洗面台の下部に収納スペースがありますので、その部分をチェックしてみてください。収納スペースの戸棚などには排水関連の設備が備わっており、そこにゴムパッキンもありますので、劣化していたらすぐに取り換えてください。

■トイレやお風呂の水の確認

様々なところから水が漏れることがありますが、意外に見落としやすいのが、トイレやお風呂の水の出しっぱなしです。トイレはタンクへの給水が止まらず、便器に流れ出ることもありますので、注意が必要です。便器に溜まった水は少量ずつ排水ではありますが、気がついたらかなりの量になります。また、お風呂の水道から水が漏れている場合、パッキンの不良が考えられますので、確認して古くなっていれば早急に取り替えるようにしてください。パッキンは近所のスーパーやホームセンターなどで販売されていますので、そこで購入するのもいいでしょう。自分で修理する自信がない方は、修理業者に依頼するのもひとつの方法です。

■洗面台以外の部分もチェックしてみる
洗面所が水漏れしている場合、洗面台はもちろんのこと、その近辺のチェックも必要です。例えば、近辺に洗濯機を置いている家庭も多いのではないでしょうか。実際に洗濯機を置く場所には、洗濯機パンと呼ばれる専用の場所が設置されており、そこはある一定の高さまで堤防になっていることが多いです。そのため、万が一排水の詰まりによって洗濯からの排水の流れが悪くなった場合でも、すぐに水が床に漏れることはありません。洗面所の排水管が原因でない場合は、洗濯機の周辺も念のためにチェックしておくとよいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ